【TB50・55の不具合報告】

[2018年11月1日]

【TB50・55の不具合報告】

INSPIRE2 MATRICE200シリーズに使用するバッテリーに不具合が出ている様です。
所持されている方はご注意ください。

日本のDJI公式サイトにはアップロードされていない為、USサイトに変更を行えば原文確認ができます。
下記にグーグル先生に翻訳してもらった内容を記載しますので、ご参考にして頂ければと存じます。

※Google翻訳
DJI、TB50とTB55のバッテリをドロンで使用する際に注意して飛行するように顧客にアドバイス

誤った電力レベルを報告している少数のバッテリの原因を調査しているDJI

DJIは、少数のTB50およびTB55バッテリーが誤った電力レベルを示しており、飛行中に電力が失われたという報告を調査しています。フライトの安全性と製品の信頼性は最優先事項であり、これらのバッテリを搭載したドローンを操作する際は注意して飛行するようお客様に指示しています。さらに、DJIは、影響を受ける無人機の飛行安全性を向上させるファームウェアのアップデートに取り組んでいます。

DJIは、米国連邦航空局による人や車両の飛行禁止、英国民間航空局の人や財産からの相殺要求など、停電のリスクを軽減するための規制を厳格に遵守することを強く推奨します。電源が切れた場合にけがをする可能性のある人や財産の上または近くで操作しないでください。重要でない操作を行っている顧客は、さらに情報を提供できるようになるまで操作を遅らせることもできます。

DJIはこの一歩を踏み出しています。私たちは緊急に、顧客ができるだけ早くこれらの電池を確実に使用できるようにするための緩和計画に取り組んでいます。DJIは影響を受けたバッテリのファームウェアのアップデートに取り組んでいます。これにより、飛行の安全性が向上し、今後数週間で利用可能になります。DJIはこれらの取り組みの現状を顧客に速やかにお知らせします。

その間、お客様は飛行前および飛行中にTB50またはTB55バッテリーの電圧を確認することをお勧めします。手順は下記にあります。*

TB55バッテリーはMatrice 200シリーズのプロフェッショナルドローンに使用され、TB50バッテリーはMatrice 200シリーズおよびInspire 2ドローンに使用されます。少数の顧客がTB50と同様の電力管理ファームウェアを共有するTB55バッテリを使用している間に空中電力障害を報告しています。DJIは、バッテリーの電力管理アルゴリズムを開発したバッテリーサプライヤーと協力して、その障害の根本原因を突き止め、ソリューションを開発しています。

DJIは、この問題に関連する可能性がある電源問題の最近の報告をすべてレビューしています。TB50またはTB55バッテリに関連する電源関連の問題が発生していると思われるお客様は、dji.com / supportのDJIカスタマーサービスに連絡して問題を報告してください。

*飛行前および飛行中の指示:

1. バッテリー自体のインジケーターではなく、充電器のインジケーターに従ってバッテリーを完全に充電します

2.無人機にバッテリーを挿入し、電源を入れて、電圧が4.25V(満充電)を超えていることをアプリにチェックインします。

3.飛行中は、常にアプリケーションのバッテリーサブメニューでバッテリーの電圧をモニターし続け、3.7V以上であることを確認します

4. 少なくとも3.7Vの表示(フル充電の約30%)で運転と土地を終了するようにフライトを計画します。

5.注意:自宅への安全な帰宅をサポートするため、フライトを視界の視界(VLOS)内に保つ

6. 人、移動する車両、または損傷を受けやすいその他の財産の上を飛行しないでください。

※原文
https://www.dji.com/newsroom/news/dji-advises-customers-to-fly-with-caution-when-using-tb50-and-tb55-batteries-in-drones