1億画素カメラによる点検ソリューション

可能性のその先へ

1億画素カメラにより、今までのデメリットを解消し点検作業を快適・スムーズにサポートいたします。

Inspection solution

今までは

  • 大量の写真の枚数を撮影しなければいけない。
  • ズームカメラによる最大のデメリット「どこを撮影しているかわからない」
  • 手動による点検なので、時間と手間と人数がかかる。
  • 対象物との離隔距離が5mと近いので安全性に乏しい。

特殊な点検用途に特化した
カメラ「フェーズワン」をドローンに搭載し撮影することにより

写真1枚に広範囲の情報を収めることができる。

解 決

写真撮影枚数の大幅削減。場所が分かりやすい。

   自動による点検なので、作業人数が削減できる。

   現地作業時間が大幅短縮できる。

   対象物との離隔距離が40mと距離を確保できるので、安全性が高い。

SHOOTING CASE 撮 影 事 例

送電線.fw

Phese One iXM-100撮影による
送電線点検スキーム例のご紹介です。

送電線点検の場合

Power Lines × Phese One iXM-100

風力.fw

Phese One iXM-100撮影による
風力発電点検スキームのご紹介。

風力発電点検の場合

Wind × Phese One iXM-100

Phese One iXM-100撮影による
橋梁点検スキーム例のご紹介です。

橋梁点検の場合

Bridge × Phese One iXM-100


1億画素カメラによる撮影のご案内

ドローンを活用したたくさんの事例や経験がございます。
ご相談いただく場合は、メールを頂けましたらご返答させて頂きます。

お問い合わせはこちら