ドローンをあたりまえに。

「今できること」だけでは物足りない。
誰も挑戦したことのない「新しい道」を開拓したい。
そう考えて、ドローンを使った新しい仕事の創出にチャレンジし続けてきました。

ドローンは、まだ若い技術です。
様々な現場で「当たり前」とされてきた危険や不便を、ドローンという新しいテクノロジーで、「新しい当たり前」に塗り替えていこうと日々開発を続けています。

代表取締役 桐生 俊輔

企業情報

会社の目的

01.行動する会社

創業や団体立ち上げで終わりではなく、我々は行動します。

02.仲間を創る

我々はドローン業界全ての人達や団体と共に盛り上げていきます。

03.需要を創出

「ドローンをあたりまえのものにしていく」という行動目標を掲げ、今まで考えられなかった利用方法を様々な人たちと考え、試し、新たなる需要と雇用・ビジネスを創出していきます。

会社名 株式会社 東北ドローン
代表 桐生 俊輔
顧問 佐々木 喜久男
所在地 東北ドローン 研究所(宮城常駐事務所) 〒981-8006 宮城県仙台市泉区黒松1-9-9 丸栄黒松コーポ101
東北ドローン 福島研究所 〒960-8074 福島県福島市西中央5-2-1(RCラボ内)
仙台本社所在地 〒981-0951 宮城県仙台市青葉区滝道3-19
TEL 022-765-1421
メール info@tohoku-drone.jp
事業内容
  • ドローンでの空撮
  • ドローン運用者育成
  • ドローンマッチング関連ビジネスマッチング事業

受賞歴・資格

【保有資格】

  • JUIDA認定スクール講師
  • JUIDA安全航空管理者
  • DJI認定インストラクター
  • 陸上3級特殊無線技士

【実績】

ジャパンイノベーションチャレンジ2017 課題2最多達成

銚子マリンレスキューチャレンジ2018 課題2優勝

ジャパンイノベーションチャレンジ2018 課題2達成

2016年創業、大手企業様へのドローン導入コンサルや教育事業を展開し、現在は大手企業様とのPoCを中心に機材開発や改造などの事業展開を行っております。

インストラクター事業では、これまでに1000名以上の卒業生を輩出し、国内でも有数の受講者実績があります。

ジャパンイノベーションチャレンジ2017

ドローンによるレスキューコンテストで、「発見・駆付・救助」の3つの課題がよういされており、当団体は課題2の「駆付」を3日間連続で達成(最多達成)

ウインチ以外は民生品を利用することを1つの目標としておりました。高価な機材ではなく、操縦技術と知識があれば活用できる機材を選定しました。

MAVIC PROにより救援物資を投下する場所を高精度に確認し、投下。

ジャパンイノベーションチャレンジ2018

株式会社東北ドローンが、チームリーダー・企画・機材開発を担当した「チーム東北JV」。

課題2の「駆付」(ドローンなどのロボットにより、3kg程度の救援物資を約2km離れた要救助者に見立てたマネキンまで運ぶ)を、1日目と3日目に達成しました。

今回の大きな気づきは、「見えるけど見えない」ことと「見えないけど見える」ことです。

機材の選定や作戦に試行錯誤しましたが、結局万能の機材というものは存在せず、適切な機材を装備しないと対象の発見や物資投下は難しい。ということが分かりました。

ジャパンイノベーションチャレンジ2018 赤外線カメラによる物資輸送

ジャパンイノベーションチャレンジ2018 可視カメラと超高輝度ライトによる物資投下

ドローンからの伝送映像 XT

超高輝度ライトと可視カメラによるドローン物資輸送 ドローンからの伝送映像

東北ドローン研究所
宮城常駐事務所

〒981-8006 宮城県仙台市泉区黒松1-9-9
丸栄黒松コーポ101

東北ドローン 福島研究所

〒960-8074 福島県福島市西中央5-2-1
(RCラボ内)

仙台本社所在地

〒981-0951 宮城県仙台市青葉区滝道3-19
TEL:022-765-1421
メールお問合せはこちら