1億画素カメラによる点検ソリューション

送電線における事例

1億画素カメラなら、全体が映る画像を撮影するだけで細部を確認することが可能です。

クラックスケールの撮影

被写体まで15M
視野角 水平8.25M 垂直6.1875M
34Mのブレードを撮影する場合オーバーラップ無しで6枚程度

1cm程度の画像分解能を確認

照明の撮影

被写体まで15M
視野角 水平8.25M 垂直6.1875M
34Mのブレードを撮影する場合オーバーラップ無しで6枚程度

被写界深度が5M程度あり、被写体写真全体にフォーカスが合っている状態となる。

視野角が広く数センチレベルの損傷を確認するのであればこの離隔距離は有効と考えます。

1億画素カメラによる撮影のご相談

ドローンを活用したたくさんの事例や経験がございます。

ご相談いただく場合は、メールを頂けましたらご返答させて頂きます。

お問合わせはこちら